活造り(いきづくり)とは【和食の料理用語集】

活造り(いきづくり、いけづくり)

料理の語源、意味、由来

スポンサーリンク

和食の料理用語集

活造り(いきづくり)

刺身の呼び方のひとつで、いけ造りともいいます。

材料が生きている状態で内臓を取り除き、頭と尾を残して元の姿に盛りつける刺身のことです。

【参考】

刺身の語源【意味、由来】とは

刺身(さしみ)とは和食の代表的な料理のひとつで、魚介類を生食する「なますの一種」に入り、さしみなますと呼ばれていました。刺身の語源には、切り身にその魚のヒレを刺して盛りつけたという説と切るという言葉を忌み嫌って刺すに言いかえた説の2つがあります。

刺身に役立つ飾り切りとコツ一覧

きゅうりを使った刺身のわさび台一覧

【料理用語の関連】

刺身の手法と造りの名称一覧

焼き物手法と串の打ち方一覧

煮物の用語、語源、意味、由来一覧

焼き物用語、語源、意味、由来一覧

蒸し物用語、語源、意味、由来一覧

揚げ物用語、語源、意味、由来一覧

料理の雑学一覧へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】

≫「鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

≫「揚げ物用つけ塩割合と作り方一覧

≫「焼き物のつけだれ、かけだれ一覧

≫「酢の物を作るときの合わせ酢一覧

≫「だし、たれ、煮汁の割合50音一覧

■ 他の調味料割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しております。

【四季の食材】

≫「季節別~旬の食材一覧表

【飾り切り方法】

≫「野菜飾り切り100選一覧検索

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク