射込む(いこむ)の意味とは【和食の料理用語集】

射込む(いこむ)

料理の語源、意味、由来

スポンサーリンク

和食の料理用語集

射込む(いこむ)

食材をくりぬいたり、切込みを入れたりして他の材料をつめることをいいます。

料理の代表例には、射込み煮や射込み揚げなどがあり、れん根の穴に明太子をつめた場合は「れん根の明太子射込み」となります。

れん根の飾り切り一覧

射込み煮(いこみに)とは

射込み造り(いこみづくり)とは

【料理用語の関連】

刺身の手法と造りの名称一覧

焼き物手法と串の打ち方一覧

煮物の用語、語源、意味、由来一覧

焼き物用語、語源、意味、由来一覧

蒸し物用語、語源、意味、由来一覧

揚げ物用語、語源、意味、由来一覧

料理の雑学一覧へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】

≫「鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

≫「揚げ物用つけ塩割合と作り方一覧

≫「焼き物のつけだれ、かけだれ一覧

≫「酢の物を作るときの合わせ酢一覧

≫「だし、たれ、煮汁の割合50音一覧

■ 他の調味料割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しております。

【四季の食材】

≫「季節別~旬の食材一覧表

【飾り切り方法】

≫「野菜飾り切り100選一覧検索

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク