煎り雲丹(いりうに)の意味とは【和食の料理用語集】

【煎り雲丹(いりうに)】

今回は煎り雲丹(いりうに)の意味をご紹介したいと思いますので、参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の料理用語集

煎り雲丹(いりうに)とは

塩うにに卵黄を加えて、湯せんで火を通したあと、細かく裏ごしたもので「和え衣」に使うことが多いです。

【関連】

秋の献立「銀なんのうに和えの作り方」

【料理用語の関連】

刺身の手法と造りの名称一覧

焼き物手法と串の打ち方一覧

煮物の用語、語源、意味、由来一覧

焼き物用語、語源、意味、由来一覧

蒸し物用語、語源、意味、由来一覧

揚げ物用語、語源、意味、由来一覧

料理の雑学、豆知識一覧を見る

料理用語【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理の語源、意味、由来 50音一覧へ

【調味料割合】

和食の調味料割合と配合一覧

【四季の食材】

季節別、旬の食材一覧表

【飾り切り方法】

野菜飾り切り方法とコツ100選

今回は煎り雲丹(いりうに)の意味をご紹介いたしました。

他の料理用語につきましては≫「料理の語源、意味、由来一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回は違う用語でお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報