料理用語辞典50音順【きた~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【きた~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【きた】~

きだい「黄鯛」

たい科の海魚で、別名をレンコダイといいます。

全長は約35㎝で、体が黄色みがかっていることからこの名がつけられており、真鯛よりも安価なので小型の鯛の塩焼き(尾頭付き)は、この黄鯛が使われることが多いです。

また、結婚式などの祝い料理に用いるところから、縁起をかついで「喜鯛」と献立に書くこともあります。

きっかぎり「菊花切り」

①、たけのこや、かぶらなどの皮をむく方法のひとつで、食材の皮を「桂むき」をする要領で波うたせながらむき、断面を菊の花のような形にする切り方です。

【関連記事】

大根けんの詳しい切り方と桂むき5つのコツ

~刺身に役立つ【縦と横】2つの盛りつけ方

②、食材を菊に見立てて切る切り方です。

(例)

かぶら(菊花蕪)、シイタケ

【関連記事】

和食の基本【30種】

野菜の切り方 25種+基本のむき方5種

シイタケの飾り切り2つ

菊花切りの切り方とコツ~初級編と上級編

きっこう「亀甲」

カメの甲羅に似せて材料を六角形に切ったり、甲羅のように切り目を入れた料理につける名称です。

きっこうだいこん亀甲大根」

祝い料理に用いられる飾り切りのひとつで、大根を亀の形に切ったものです。

【関連記事】

亀甲大根の飾り切り⇒【切り方手順】

IMG_2088

【参考記事】

万寿亀大根の飾り切り⇒【切り方手順】

IMG_0715

【参考記事】

舞鶴大根の飾り切り⇒【切り方手順】

IMG_2081

きつねうどん「狐饂飩」

かけうどんに油揚げをのせたものです。

きどる「木取る」

材料を切る際には形を整えて切りますが、この形を整えることをいいます。

【関連記事】

野菜の飾り切り【切り方のコツ一覧】

【次のページ】

料理用語の基礎知識【きな~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報