焼き目造り(やきめづくり)の意味【和食の雑学,料理用語集】

焼き目造り「やきめづくり」の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

焼き目造り「やきめづくり」

焼いた金串などで皮に焼き目をつけて切り分ける刺身手法のひとつで、イカやタコで多く使います。

イカの「橋造り」を作る場合に切り込みの間に焼き色をつけると、盛りつけたときに見栄えよく仕上がります。

【関連】⇒刺身の種類と造りの名称一覧

「作り方の一例」

金串が赤くなるまでコンロの火で加熱し、材料に押し当てて焼き色をつけてください。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク