料理用語辞典50音順【こさ~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【こさ~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【こさ】~

こざけ「濃酒」

甘酒の別名称として使われている言葉です。

こしおり「腰折り」

エビの下処理方法です。

エビの身はそのままでは加熱により曲がってしまいますので、まっすぐに仕上げるために切り込みを入れ、切り口を下にして指でよく伸ばしてから揚げ物や天ぷらに使用します。

天ぷらなどの揚げ物に用いる手法です。

【海老料理関連レシピ】

海老の煮物が固くなる大きな原因2つ

解決法!やわらかく煮るためのポイント

海老を八方だしでやわらかく煮る方法

海老の吉野煮の作り方とコツ

八方だしで海老煮る簡単レシピ

「海老の芝煮~作り方とコツ」

こしおりたまご「こしおり卵」

こしおり卵の詳しい内容につきましては「卵白のコシをおる~こしおり卵の手順」に掲載しておりますので参考にしてください。

ごじる「呉汁」

大豆をすりつぶした呉を入れて作ったみそ汁のことです。

また、枝豆で作ったものを「青呉汁」といいます。

こづくり「子造り(子作り)」

川魚料理のお刺身でふなを使用する場合、切った身と卵巣(真子)を混ぜ合わせて和えたもので、親子和え、真子和えともいいます。

【関連】⇒刺身の種類と造りの名称一覧

こつざけ「骨酒」

焼き物にしたタイやアマダイなどの骨を再度焼き、熱燗(アツカン)にした日本酒に浸したものです。

こにもの「小煮物」

八方だしでゆっくりと味を含ませた煮物のことです。

このはぎり「木の葉切り」

日本料理の飾り切り(むき物)の一種で、木の葉の形に野菜を切ったものです。

【関連記事】野菜の飾り切り

木の葉大根の作り方

木の葉南瓜の切り方手順~3種類

冬瓜の飾り切り「木の葉わさび台」

このはづくり「木の葉造り(作り)」

イカ、サヨリ、サンマなどで作ることが多い刺身の手法で「色紙造り」にした材料をずらして約5枚重ね合わせ、中心で2つに切り分けて切り口を上にして盛りつけます。

■ サヨリ、サンマなど皮目に色がついている食材はそのままでかまいませんが、イカで作る場合は海苔や大葉じそなどを間に挟んで重ねて色の違いを葉脈に見立ててください。

【関連】⇒刺身の種類と造りの名称一覧

このはわさび「木の葉山葵」

わさびを、木の葉の形にして刺身の大皿盛りや姿造りのあしらいとして用いる手法です。

【関連記事】

木の葉とたけのこ山葵【作り方とこつ】

IMG_2615

このわた「海鼠腸」

ナマコの腸管で作った塩辛のことです。

ごぶがゆ「五分粥」

おもゆと全粥の混合割合が5:5の粥のことです。

【関連記事】

1月7日の七草がゆ

1月7日に七草がゆを食べる理由とは!

春の七草~種類と特徴!では秋の七草とは?

「1月15日の小豆がゆ」

1月15日に小豆の入ったおかゆを食べる理由

ごぼう「牛蒡」

古く中国から渡来した、キク科の植物です。

カルシウムが含まれるほか、食物繊維が多いのが特徴で、初夏に出まわる新ごぼうはやわらかくておいしいです。

■ひげ根がなく、まっすぐで傷のないものを選んでください。

【関連記事】

ごぼうの下ごしらえ~基本の下ゆで方法

八方だしでごぼうをやわらかく煮る方法

ごぼうの健康効果と効果的な食べ方~薬効

和食の煮物に役立つ管ごぼうの作り方手順

【次のページ】

料理用語の基礎知識【こま~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報