海胆飯(うにめし)とは【和食の料理用語集】

【海胆飯(うにめし)の意味】

スポンサーリンク

和食の料理用語集

海胆飯(うにめし)とは

山口県の郷土料理で、うにを使った炊き込みご飯です。

塩、醤油、酒などで調味して火にかけ、沸騰寸前に新鮮な生ウニをたっぷり入れて炊き上げます。

※ 生きた状態や生の物には海胆の字を当て、塩蔵品や加工品には雲丹の字を使います。

【関連】

ご飯物の献立一覧を見る

献立別の料理用語集一覧を見る

献立名の意味一覧【先付け~甘味】

料理の雑学、豆知識一覧を見る

料理用語【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理の語源、意味、由来 50音一覧へ

【調味料割合】

和食の調味料割合と配合一覧

【四季の食材】

季節別、旬の食材一覧表

【飾り切り方法】

野菜飾り切り方法とコツ100選

今回は、うに飯をご紹介いたしました。

他の料理用語につきましては≫「料理の語源、意味、由来一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報