料理用語辞典50音順【さか~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【さか~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【さか】~

さかな「肴」

お酒を飲むときに添えて食べるもので「酒の菜」から来た言葉とされています。

さかに「酒煮」

酒をたっぷりと使って作る煮物のことで、酒の香りを生かすため、酒と塩とだしのみで調味することから「酒塩煮」とも呼ばれています。

さかむし「酒蒸し」

材料に酒を振って蒸す料理の総称として多く使われる言葉です。

さきづけ「先付」

お通しの別名で酒の肴(さかな)として、お酒とともに出す最初の料理のことです。

元来、酒席の会席料理で膳につくもので、本膳や懐石膳にはつかない料理です。

【参考】

和食の献立に役立つ

「日本料理の先付け一覧」

さくらに「桜煮」

タコの煮物のひとつで、色が桜の花びらのようになることからつけられた名前です。

【参考】

たこの柔らか煮を作る2つの方法

【煮汁の割合】~鍋で煮る、蒸して煮る

IMG_1562

さくらにんじん「桜人参」

飾り切りのひとつで、人参を桜の形に切って細工したものです。

【関連記事】

⇒「人参の飾り切り~桜人参の切り方

⇒「人参の飾り切り~八重桜の作り方

さくらむし「桜蒸し」

食材を桜の葉で包んだり、桜漬けをのせて蒸した料理の総称です。

一般的な桜蒸しは、薄紅色に染めた道明寺粉で白身魚や海老などを包んで桜の葉で巻き、これを「桜もち」と同じような形にして蒸し上げ、八方地や葛あんをかけて香りのわさび、おろし生姜などを添えます。

※ 桜漬けをのせた飯蒸しを桜蒸しという場合もあります。

【関連】⇒「春の献立

⇒「和食の献立~蒸し物

さぐりばし「探り箸」

嫌い箸のひとつで、箸で汁物をかき混ぜて中身を探ることを「探り箸」といいます。

【関連記事】箸の上手な使い方

⇒「和食のマナーと作法 嫌い箸 13選

さけはっぽう「酒八方」

酒の量を多くした八方だしのことで、「さかはっぽう」ともいいます。

【関連記事】

薄口八方、濃口八方、酒八方、塩八方

⇒「4種類の八方だしの作り方」

【次のページ】

料理用語の基礎知識【ささ~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク